SIPについて

全体概要

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP:エスアイピー)とは、総合科学技術・イノベーション会議が自らの司令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野の枠を超えたマネジメントに主導的な役割を果たすことを通じて、科学技術イノベーションを実現するために新たに創設するプログラムです。

 

レジリエントな防災・減災機能の強化

本課題「レジリエントな防災・減災機能の強化」では、府省連携により災害情報をリアルタイムで共有・利活用する仕組を構築するとともに、地域における防災リテラシーを向上させることで、国民一人ひとりの防災力の向上をめざします。 これらの目標を達成するために、

  1. 予測:最新観測予測分析技術による災害の把握と被害推定
  2. 予防:大規模実証試験等に基づく耐震性の強化
  3. 対応:災害関連情報の共有と利活用による災害対応力の向上

の三項目について研究開発を行います。

 

「レジリエントな防災・減災機能の強化」における研究課題

図1

  • 課題1:津波予測技術の研究開発
  • 課題2:豪雨・竜巻予測技術の研究開発
  • 課題3:大規模実証実験等に基づく液状化対策技術の研究開発
  • 課題4:ICTを活用した情報共有システム及びリアルタイム被害推定システムの研究開発
  • 課題5:災害情報収集システム及びリアルタイム被害推定システムの研究開発
  • 課題6:災害情報の配信技術の研究開発
  • 課題7:地域連携による地域災害対応アプリケーション技術の研究開発

 

課題7と他課題との連携

課題4について

省庁連携防災情報共有システムとその利活用技術の研究開発

課題5について

リアルタイム被害推定・災害情報収集・分析・利活用システム開発

課題6について

 

課題間の連携

課題間連携